里山ハンモックとははじめてのお客様 活動履歴 メディア情報 体験場所
kisa_20100414132706.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホームページリニューアル中! http://satoyama-hammock.com
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
  


[ --/--/-- ] | スポンサー広告

子どもキャンプのボランティアへ参加

s-DSCN1787.jpg

GW、5月3日~5日の間、
長野のツリーハウス村(森のくらしの郷)で開催される
子どもキャンプに東京里山開拓団のメンバーと参加してきました。

対象はこの森で生活した経験がある、
幼稚園児~中学校2年生、13名の子どもです。
ところどころ、知っている子ども同士だが、
中には初めて会う子ども同士もいて、はじめは自己紹介で緊張していた。

スタッフは僕たちを含め8人、
一人の大人が2人の子どもを見るという状況。

基本的には、子ども主体で生活をしていくため、
困ったら手を差し伸べるくらいでした。

ガス、水道、電気のない中、生活していくためには、
チームワークが重要です。力を合わせないで一人だけ、
ふざけていると、すぐに注意するリーダーの子どもがいます。

●- 1日目:生活できる基盤作り -●

寝床のテント張り
s-DSCN1786.jpg

協調性が足りず、手伝わないで遊ぶ男子現る

水汲み
s-DSCN1789.jpg

女の子が主体に頑張る、
ルートを整備することに男子は協力

薪割り
s-DSCN1794.jpg

生木が多く、割れないため、諦める子ども達。
ここで手助け、乾燥している丸太を運び、チェンソーで小分け。
割れて、自信がついたのか、男子頑張る

火起こし
s-DSCN1796.jpg

男子が頑張るが、途中やっぱり遊び出す。
顔に向ける子どもがいて、危ないよと注意を続ける。
そのうち人には向けないようになるが、
山火事にならないか心配で常に観察

料理
s-DSCN1800.jpg

女の子がやりたいやりたいと万菜美に集まる
カレーは美味しくいただけました。

片付け、明日の予定を話し合い9時就寝


●- 2日目:散策大遊び -●

日の出とともに小鳥のさえずりで目覚める。
朝は冷えて、二度寝はできない。
自分たちの朝食を済ませ、子ども達のもとへ

朝から元気に動き回っていた。
そして、朝食後、散策の準備をして、
散策ルートの再確認、体調の悪い子もいた。

散策にいくか判断。いきたいといったため、
胃薬を渡す。それでも散策中はお腹を押さえながら、
ちょっとつらそう。常に気を張っている状態だった。

幼児はすぐに歩けなくなり、担ぎながら激斜を登ったり降りたり。
大人も大変なルートを子どもたちはスイスイ進む。
s-DSCN1810.jpg

岩で落石に注意して遊んだり、
大きいツタでターザンしたり、
木に登って遊んだり、川渡りを楽しんだり、
子どもの体力に驚くばかり・・・といいつつ
自分もかなり一緒に遊びました。

子どもができそうにないことをすると、
すぐ真似したがって、チャレンジする。
それができちゃって驚いた。

純粋にやってみよう!というチャレンジ精神はやっぱり
子どもの方があるのかな・・・

山神様に挨拶をして、大岩で休憩。
昼食が届く、そしてハンモックで休み
一緒に遊んだ。やっぱり揺れるのが好きなんだね。
s-DSCN1836.jpg

いっつも揺らしてとせがむので、お互い息を合わせて、
足の裏を蹴り合えば、どんどん揺れるよ。
と大人の手を借りないでも揺らせることを教えた。
仲良くなるんだな~これが。

帰路の途中、
蛙(かえる)出没!
s-DSCN1838.jpg

毒があり、かぶれるそうなので、
軍手を使う、後で入念に洗う。
初めて蛙(かえる)を見る子もいて、
ドキドキを隠せない。

蛙(かえる)って触感がたまらなく気持ちいい。
久々に触った。大人も子どものときの感覚に戻れるな~

帰ったら、柏餅(かしわもち)の準備に取り掛かる。
備品がいろいろ足らず、なかなか上手く蒸せず、
かたい餅になってしまった。
s-DSCN1839.jpg

いつもお世話になっている親へ
子ども達から差し入れ。
親から「ありがとう!」とお礼の言葉。

体調が悪かった子が、熱を出し、リタイヤすることになった。
仲間意識が強い子が、柏餅を渡して
最後まで気持ちは一緒だからとメッセージを残す。

そして、夕飯準備、
焼きそば、お好み焼きを子ども達だけで作る。
お好み焼きはちょっと生っぽかった。
焼きそばは、美味しく食べれました。

山での料理の手順はすごく大切。
薪を無駄にしない料理方法を
もっと研究した方がいいと感じました。

そして、食事の後は、肝試し(きもだめし)
開始前から怖がって泣く子も現れてどうなることやら。
だけど、役割も決まり、始まりだすと結構盛り上がる。

今まで消極的だった子どもが積極的になる。
驚かし方も、バリエーション豊富にどんどんクオリティーが上がる。
大人もそれにのっかり、どんどん交流できた。

肝試し(きもだめし)って暗い中で話し合うから、
恥ずかしがらずに、楽しく本音で言い合える、
最高のコミュニケーションなのかも!

興奮冷めやらぬまま、就寝

●- 3日目:片付け、終了式 -●

片付けはみんな協力的にどんどん進んだ。
備品の確認で、おわんが足りなかったり、
プラスチックのゴミを拾ったら飴(あめ)をプレゼント
というので、盛り上がりました。

飴をもらい、飴食べて、包んでいる袋を捨てたりした子がいた。
本末転倒だぞ!とかなり突っ込みが入る、これは大人達大笑い。

そして、これからが大変、
斜面を一人一人自分の荷物プラスαを運んで、
500mくらい登った、ゴールまで運ぶ。

自分の範囲で無理せずに運ぶ子ども。
無理して運ぶ子ども。早くついた人から、
戻って運ぶのを手伝う姿。泣ける!

でもその手伝いをためらい、
自分で最後まで運ぶという意志の強い責任感のある子たち。
成長したんだな~この短期間に・・・

終了式では、
隙間時間を使って作った一人一人への色紙を
表彰状スタイルで渡す。主催のスタッフは泣き出して、感動モードに。
この時期にこれだけの子が集まって開催できたこと、すごいことです。

親が終了式後に、とっても美味しいカレーうどん、
ラーメン、コゴミの空揚げなど、
最高の食卓をご用意してくれました。

子どもたちのキャンプの状況などを話して、
親とも交流できたました。

最後に記念撮影をして、お開き。
s-DSCN1864.jpg

子どもキャンプは初体験でした。
本当に、いろいろな状況の中、どう接するのがいいのか悩み、
大変でしたが、子ども達の素直な反応は深く目に焼きついています。

里山開拓団としても、子どもを受け入れられるように、
安全面、体調管理から、しっかりとした基盤整備を進められるように
なる必要があると感じました。

子どもが過保護にせず、主体的に動いてもらうための準備、
ここまでは手を差し伸べるけど、ここまでは甘えになる。
など、見極めはかなり難しいです。

改めて、自分を育ててくれた親に感謝します。

里山ハンモック代表 みちやま ホームページリニューアル中! http://satoyama-hammock.com
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
  


[ 2011/05/10 ] | 里山活動

 

tel 080-5007-0412 michiyama412@gmail.com
里山ハンモックみちやま

 

 


---- お問合せフォーム ----

Name:
Mail:
Title:
Text:




協力:ハンモックヨガ

★★★ リンク歓迎 ★★★
※詳細はバナーをクリック satoyama banner_120×60 ≪ Link (過去に関わりのある方々) ≫





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。