里山ハンモックとははじめてのお客様 活動履歴 メディア情報 体験場所
kisa_20100414132706.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホームページリニューアル中! http://satoyama-hammock.com
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
  


[ --/--/-- ] | スポンサー広告

カニ山について

みちやまが中学校の頃に知った自然豊かな小さな山。
社会人になり、この山の素晴らしさを改めて深く知る。
ドラえもんの裏山のような不思議なところ。
そして、ハンモックを初めて取り付けた場所。

カニ山周辺の景色は相続税の問題で年々、マンションになる。
この山だけでも残してもらいたい。
利用者が増えなければ、利用価値がなくなり、
なくなってしまうかもしれない。

そんな危機的状況を何とかしたいと動き出したのが、
カニ山イベントです。

カニ山はもともと、柴崎山という名前でした。
高度成長期に道路を作ろうと多摩川に砂利を集めに行っていた人が
面倒になり、カニ山周辺を掘り出した。すると砂利がいっぱい出てくる。
山を掘ることで、湧き水が流れ出す。その流れは沢になり、
やがて、カニが大繁殖することとなる。
都会から移り住んできた子ども達がカニがいっぱいいるもんだから、
「カニ山」と名づけたそうな。

カニ山は基本的に人が手をつけずにできた地形が残っています。

木々に囲まれた丸い広場
hiroba.jpg

ここは、水脈が5つ流れ込んできて、木々に囲われたゆったりとした空気が流れています。
雨の日には地下に眠っている湧き水が湧き出てきます。
夏になると直火でキャンプファイヤーをすることができます。

馬車道
bashamichi.jpg

昔、深大寺城への抜け道として利用されていたそうです。
ここでは、冬になると落ち葉を集めて飛び込んだりしています。

わさび田
wasabida.jpg

湧き水は飲めるくらい綺麗です。

沢蟹
sawagani.jpg

この沢蟹は食べられるくらい綺麗です。

ホタル(蛍)
hotaru.jpg

野生のホタルが生息しています。
毎年ホタル鑑賞会のときには、人工ホタル200匹以上放たれます。
ホタルを育てています。

野草園
yasouen.jpg

200種類くらいの野草を無料で見学できます。
野草マニアにはたまりません。

カタクリの花
katakuri.jpg

カタクリを育てている広場があります。
そう、皆さんがよく食べている片栗粉、
昔はこの花の球根から作られていました。
今はジャガイモなどのでん粉です。

キャンプ場
kamado.gif

カマドが8つ、水場が4つ、トイレや一時的に置ける駐車場、
調理道具などの備品も充実しています。
調布市在住の人が予約すれば使うことができます。
お泊りに関しては2000年あたりまではできたらしいのですが、
近隣の迷惑をする人がいたために、できなくなってしまいました。
また復活させたいです。

カニ山の魅力は四季を通じてようやくわかります。

桜が最後まで残り、小鳥(ホトトギス)がさえずる春
セミやカブトムシが動き出し、夏野菜が美味しい夏
紅葉に包まれ、小麦色の田んぼが田舎を思わせる秋
落ち葉で遊び、富士山が見れるほど澄んだ空気の冬

ここは利用して価値が高まる自然公園。
ハンモックはもちろんのこと、
自然のことを感じ、めいいっぱい楽しめる場所です。


里山ハンモック代表 みちやま ホームページリニューアル中! http://satoyama-hammock.com
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
  


[ 2011/04/18 ] | 里山活動

 

tel 080-5007-0412 michiyama412@gmail.com
里山ハンモックみちやま

 

 


---- お問合せフォーム ----

Name:
Mail:
Title:
Text:




協力:ハンモックヨガ

★★★ リンク歓迎 ★★★
※詳細はバナーをクリック satoyama banner_120×60 ≪ Link (過去に関わりのある方々) ≫





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。