里山ハンモックとははじめてのお客様 活動履歴 メディア情報 体験場所
kisa_20100414132706.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホームページリニューアル中! http://satoyama-hammock.com
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
  


[ --/--/-- ] | スポンサー広告

人命救助用巨大ハンモック制作

s-P3210220.jpgs-P3210221.jpg
※節電しながら作りました

泣きながら"おもい"を込めて編んだハンモック

NHK放送後、しばらく経ってから、某建築会社からご相談があった。

【階段の吹き抜け部分に落下防止の網を作ってもらえないか?】とのこと。
市販の網では、規格外らしく、2個をくっつける加工技術が必要らしい。
どうくっつけるか困っていたところ、NHKの放送を見て、
僕がハンモックを作っている人だということで、相談する流れになった。

打ち合わせ⇒糸の発注⇒糸の到着日(11日)、そう大きな揺れが起こった。
僕は新宿のビルにいた、道路に出る人がどんどん出てきて、
恐怖に足をすくめる人がいっぱいいた。駅にある大型テレビを見て、
ただごとではない、高田馬場の家族に歩いて合流し、安否を確認。
その後、ママチャリを借りてパートナー万菜美と合流。
出会えた瞬間、疲れきって腰が砕けたのを支えた。
パートナーの家族も無事だった。

テレビを見て、被災者の声を聞いて、励ます世界中の人々がいて、
自分はこんなとき何ができるだろう、節電、献血、義援金、ボランティア、
様々な可能性を考えた。飛び出したくなる気持ちがあった。
放射能で近寄れない現地、動けない自分、ラジオの放送を聴き、
落ち着きを取り戻し、いま、自分ができること、今社会に求められていること。

そう、地震発生前に受けていた依頼を進めること。
今、現地の人を助けることは僕にはできない。
だけど、また災害が起こったときに助けられるものを
作ることはできる。オリジナル落下防止ネットという名前で
建築業界では通るかもしれないが、僕はこのハンモックは、
被災後も人の心を癒し、揺れに対しての恐怖を克服してくれる
アイテムだと心から信じる。

全長:6m10cm
幅 :240cm
糸太:5mm(通常の倍)
素材:ビニロン(耐久性あり)
工数:50時間

過去に経験のないサイズ
ショールームに足を運んだことのある人はわかるが、
縦長のショールームの端から端まででも足りない大きさ。

ブログの更新がなくて、心配された皆様、
被災地のことを考えたら、情報が錯乱するため、
むやみやたらに情報を発信できない。
不確かな情報に対して見ている時間があったら、
何が今できるのかを必死に考えていた。
ようやく落ち着いてきたので、発信できます。
ご心配おかけしましたが、みちやまは、今まで以上に元気に発信します!

被災者の方々が少しでも安心できる空間を
より作っていけるように頑張ります!

先程、友達からギターの弦が届きました。
流通も少しずつ回復していますね。
ハンモックギターの開発も進めます。

みんなの元気が集まれば、大きな元気玉ができる
地球が輝くきっかけになればいいね

里山ハンモック代表 みちやま
ホームページリニューアル中! http://satoyama-hammock.com
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
  


[ 2011/03/22 ] | 制作実績

 

tel 080-5007-0412 michiyama412@gmail.com
里山ハンモックみちやま

 

 


---- お問合せフォーム ----

Name:
Mail:
Title:
Text:




協力:ハンモックヨガ

★★★ リンク歓迎 ★★★
※詳細はバナーをクリック satoyama banner_120×60 ≪ Link (過去に関わりのある方々) ≫





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。