里山ハンモックとははじめてのお客様 活動履歴 メディア情報 体験場所
kisa_20100414132706.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホームページリニューアル中! http://satoyama-hammock.com
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
  


[ --/--/-- ] | スポンサー広告

ミミズコンポスト作成するまでに

生ゴミをごみ袋を買って、詰めて捨てる
こんな馬鹿馬鹿しい循環にのってはまずい

ということで、生ゴミちゃんを分解して腐葉土にしてくれるもの
コンポストを作ることにした。いろんな生ゴミ処理用の機械とかあって
高価なものから安価なものまで多数存在する。

そんなことより、自然の循環サイクルにのっとって、
勉強しながら、身につけた方がいいな。

というので、ミミズは自分の体重の10倍くらいの量の有機物を食べるらしい
でもって繁殖する。暑さには弱いけど、ちゃんと気遣ってあげればずっと働いてくれる。

ミミズを取りに山に行きました。
山の頂上付近、湿ったところ、山のふもと付近、畑の近く、
といろんなところをほじくり回した。なかなか出てこない。

ちょうど、シャベルカーで土を掘り起こしているおじさんがいたので
聞いてみた。こんなとこにはいないよ、カブトムシが出るあの山へいきな
といわれ、腐葉土の山を掘り出す。地面がいままで以上に柔らかい。

しばらくして1匹、小枝に隠れたやつを発見!ちょー嬉しかった。
そしてどんどん掘るとどんどん出てくる。こりゃたまらん!
10匹くらい捕まえて、自宅に持って帰る。

土はちょこっとしかなかったので、畑の人にめぐんでもらおうと話しかける
「土はやらないよ!」と強く言われた。「何十年もかけてこの土作っているんだぞ!」
と軽く怒られた。「そうですか、財産ですものね、すみません。」と返答。
「土ってどうやって作るんですか?」とくらいつく
「1年くらい葉っぱ溜めないとだめだよ」と言われる。こりゃまだまだできんな。

近所の緑がいっぱいのお宅に事情を話すと、
「こんな土でよければ、持っていきな!」と気前よくもらうことができた。
「昔は畑の土だってもらえたんだけどな~」と近所のおじちゃんは語った。

ダンボールにミミズが通らないくらいの空気口(穴)をあけて、
明かりが大嫌いなミミズちゃんに光が入らないように箱に布を被せる。
そして、乾いた葉っぱを細かくして、箱に入れる。土を一緒に入れる。

さ~明日から少しずつ、生ゴミちゃんを入れてあげて、
ミミズちゃんと初対面させるんだ。これから始まる
生ゴミミズストーリー、きっと楽しいことになるな。

腐葉土できれば、家庭菜園もできるしな、キッチン菜園ってのもの気になる。

みちやま、自給自足生活へ向けて毎日チャレンジしています。
ショールームにぜひ遊びに来てくださいね~
http://michiyama.blog17.fc2.com/blog-entry-751.html

里山ハンモック代表 みちやま
ホームページリニューアル中! http://satoyama-hammock.com
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
  


[ 2010/12/16 ] | お知らせ | TB(0)

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://michiyama.blog17.fc2.com/tb.php/766-0d3a6ece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 

tel 080-5007-0412 michiyama412@gmail.com
里山ハンモックみちやま

 

 


---- お問合せフォーム ----

Name:
Mail:
Title:
Text:




協力:ハンモックヨガ

★★★ リンク歓迎 ★★★
※詳細はバナーをクリック satoyama banner_120×60 ≪ Link (過去に関わりのある方々) ≫





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。