里山ハンモックとははじめてのお客様 活動履歴 メディア情報 体験場所
kisa_20100414132706.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホームページリニューアル中! http://satoyama-hammock.com
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
  


[ --/--/-- ] | スポンサー広告

07/16(金)19:00~映画「死なない子供たち」上映会参加

過去に期間限定のワークショップを3回もさせていただいている三鷹天命反転住宅。
この住宅で育った子ども達をメインに撮った映画の上映会を202号室で観賞してきました。

満員御礼となった映画「死なない子供たち」
荒川修作さんの生の声も聞くことができ、生命とはということを
ひたすら考えさせられる映画でした。荒川修作さんの感じるものが伝わってきて
この住宅でいきいきと育っている子どもの様子を撮った本当に貴重な映画。

監督本人も上映会に参加し、質疑応答をしていただくという何とも贅沢な内容。
上映後の質疑応答にはワインなんかも出てきて、いやー最高でした!
質疑応答が終わると、球体の部屋で遊んだり、ポールをよじ登ったりする人まで出てきて
なんだかガヤガヤと・・・この住宅がもたらす細胞が冴え渡る感覚。
これが生きているという時間、活きているという時間。

過去に「大丈夫?生きてる?」と誰かに聞かれたことを思い出した・・・
今ならはっきりと言える。「俺、活きてるよ!」
魔法をかけられたように何度も訪れたくなる住宅の効果
未だにはかりしれない。いやはかれるものではない。感じるものだ。

映画が終わったあと、頭の中が整理されない状態になった。
頭で考えてもダメだということ。こんなに大切なことをなぜ現代社会はもっと広めないのだろう。

危険のレベルの低さからできるつまらないルールの数々、目に見えるものだけを大切にし、
目に見えないものは、後回し。本当は目に見えないことの方が大切なんじゃないだろうか。

人から発せられるエネルギーは、様々な反応を起こしている。
ときには、超能力のようなこともできてしまう。
みな感性を高めて能力が高まれば、くだらないルールが消えて、
自由の幅が広がるのではないだろうか。あれもダメ、これもダメと
どんどん人間自ら制御している社会に夢や希望なんてない。
結果、人を殺したり自殺したりする人が増えているのではないだろうか・・・

感覚を研ぎ澄ますための環境作り、容易ではないかもしれない。
けど、そこには夢や希望が満ち溢れている。
僕は、ハンモックを通じてこの環境を作っていきたい。

里山ハンモック代表 みちやま
ホームページリニューアル中! http://satoyama-hammock.com
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
  


[ 2010/07/17 ] | 出店&イベント | TB(0)

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://michiyama.blog17.fc2.com/tb.php/577-3f0fdf0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 

tel 080-5007-0412 michiyama412@gmail.com
里山ハンモックみちやま

 

 


---- お問合せフォーム ----

Name:
Mail:
Title:
Text:




協力:ハンモックヨガ

★★★ リンク歓迎 ★★★
※詳細はバナーをクリック satoyama banner_120×60 ≪ Link (過去に関わりのある方々) ≫





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。