里山ハンモックとははじめてのお客様 活動履歴 メディア情報 体験場所
kisa_20100414132706.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホームページリニューアル中! http://satoyama-hammock.com
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
  


[ --/--/-- ] | スポンサー広告

場について考える

8/25(火)ちょーおもろい実業家でもあり、音楽家でもあり
僕にとってはアドバイザーである奥田荘太郎兄貴に
場の研究所という「場」について思想を広めていこうとする方々が集まった
会議に参加させていただきました。

いやー参加してみてびっくり。
参加者が東京大学の名誉教授だったり、
早稲田の教授だったり、ソニーの会長だったり、
あれ!どっかで見たことある。テレビによく出ている人だって。

そんな中、ビデオカメラ役をしている僕。
大学を中退した僕にとって、何でこんな大学の有名な教授が集まっている
ところにいるんだ。とめっちゃ違和感がありつつも
自己紹介と里山についての話しができる機会をもらえた。

会議の内容は難しすぎてよくわからなかったけど、
人と人を取り巻く環境についての関係を明らかにして
思想として、広めていこうというものだった。
キーワードは「贈与」

その数日後、テレビで日本は「贈与」で成り立っている社会だ。
とある番組でやっていたので、驚いた。

兄貴はきっと、僕がやっているハンモック業にも繋がる
いい機会になると誘ってくれた。
ハンモックや里山がもたらす場はお金だけでは成り立っていない。

場作りの本質がわかれば、もっとよい関係が築けるのかなと
研究の結果が楽しみになるいい機会だった。

僕の勝手なイメージで、教授は肩書きが大切で
肩書きがないとあまり相手にしてもらえないかと思っていた。
教授の僕に接するときに、「あなたはどんな考えで何に困っているの?」
と肩書きなど全く関係なく、むしろ人を本質から知ろうとする接し方で驚いた。

何か温かく包み込むような雰囲気があった。
でも逆に、自分の発言するときは、何か見透かされているような気がして
下手なこと言えないなーと感じて。
言葉が難しすぎてついていけず、
いろんな人物が出てくるし、
歴史を勉強していりゃーもっとわかったと思うけど。

教授と話すのには知識というものが足りな過ぎると痛感。
でも今までの教授のイメージが変わってよかった。

あくる日、奥田荘太郎兄貴と深大寺の蕎麦屋へ行く
「多聞」の大盛に驚いてもらおうと思ったが、休み。
他のお店へその時の写真。
P8260001.jpgP8260003.jpgP8260005.jpg

変わり蕎麦ってのがあって
紫いもを練りこんでいるとのこと。
ここのお店は蕎麦が「かため」だった。

実はこの時、海へ行っている暑さと
ハンモックをどうやっていくのか
めちゃめちゃ悩んでいて、
悩んでばっかで動けていなかった。

奥田さんに誘われ、本質を考えるようになると
悩みが小さくみえて、少しすっきりした。
「贈与」をキーワードに「場」について
感じたこと、考えたこと、表現出来ていけるようになれたらいいな
ホームページリニューアル中! http://satoyama-hammock.com
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
  


[ 2009/09/02 ] | プライベート日記 | TB(0)

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://michiyama.blog17.fc2.com/tb.php/331-47241827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 

tel 080-5007-0412 michiyama412@gmail.com
里山ハンモックみちやま

 

 


---- お問合せフォーム ----

Name:
Mail:
Title:
Text:




協力:ハンモックヨガ

★★★ リンク歓迎 ★★★
※詳細はバナーをクリック satoyama banner_120×60 ≪ Link (過去に関わりのある方々) ≫





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。