里山ハンモックとははじめてのお客様 活動履歴 メディア情報 体験場所
kisa_20100414132706.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホームページリニューアル中! http://satoyama-hammock.com
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
  


[ --/--/-- ] | スポンサー広告

ハンモックの心地よさ

先々週(6/16)吉祥寺に住んでいる友達にハンモックを送ってもらいました。
何のために送ってもらっかというと、「カニ山満喫プロジェクト」の1つとして
木の安心感と森林の空気がもたらすリラックス効果を感じるためです。

やったことは、木にハンモックを掛けてゆったりした時間を過ごしてみました。
080628_1257~01 080628_1240~02 080628_1241~02 080628_1251~01

成長中の木にハンモックをかけるのは、将来的に良くないので
近い将来新しく生まれ変わる傾向がある木を選びました。
080628_1251~01 - コピー

木には穴があり、中心部に細かい破片が集まっていました。
これはやがて栄養のある土になり、次に成長してくる木への手助けとなります。
新しく成長するであろう子供の木が生えていたので、安心しました。

友達とはツリーハウスのカフェ(HIDEAWAY)のイベントの時に出会いました。

初対面なのに、今まで友達だったかのような親しみやすさには驚きました。
好奇心旺盛でエネルギッシュな行動をするんだろうな~と直感的に感じました。

自分のやりたいことに共感を持ってくれて、カニ山の「ホタル鑑賞」に
足を運んでくれました。さすが!そして先日、カニ山を最大限満喫するために
ハンモックが必要になり、電話をしたら、2つ家にあるので1つ貸してくれるとのこと。
そして、郵送までしてくれました・・・ホントありがとう☆

ホームページリニューアル中! http://satoyama-hammock.com
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
  


スポンサーサイト
[ 2008/06/29 ] | 里山活動 | CM(0) | TB(0)

かに山には、本当に蟹(カニ)がいた

調布市に住み、はや14年。昔遊んでいたカニ山の由来を今更ながら調べ
近隣の人に色々と話を伺って、蟹(カニ)のいる場所がわかった。

都立農業高校神代農場の中にいるそうだ。
そして、かに山の蟹(カニ)を、この目で発見したい探検魂に火がついた

神代農場の中は、カニ山よりも更に空気が澄んでいた。
そして、管理室に記帳して、事務所のおじさんにカニの棲家を尋ねた。
沢にいるらしい。管理室の人からパンフレットをもらい、沢を発見。

探す・・・ザリガニ発見!探す・・・蜘蛛発見!探す・・・キノコ発見!
探す・・・カモ発見!探す・・・探す・・・が見つからない><
また管理室へ戻り、探しても見つからないのでどこにいるかまた尋ねる。

おじさんが、ニコっと笑って、長靴を履いてドアを開けた。
そして外に出る。教えてくれるらしい。軽快な足取りで
わさび田に着き、石をひっくり返している・・・こっちに来て、手を広げた。。。
<わさび田>
080623_1253~01

あ~カニ~!!!とついつい大きな声を出してしまった。
ス-パーにいるカニを見てもなんとも思わないが、この時ばかりは3年ぶりに
偶然街中で友人に再会したようなはしゃぎようだった。。。
080623_1250~02 080623_1248~03

カニを見たくらいで凄い感動しているのを見て気をよくしてくたのか
おじさんは、いっぱい次から次へとカニを発見していく。俺も発見してやる!
と意地になったが、見つからず。おじさんには色々教えてもらった。

1.カニは2種類いる。モクズガニと普通のカニ。

2.ここにいるカニは食べられる。
  他のカニは水が汚いから、バイキンがいっぱいいて食べられない。

3.カタクリの花の根っこは片栗粉の材料

4.合鴨は卵を田んぼの苗が植えられる時期に産む。
  苗が外的から卵を守り、苗の成長と共に、ヒナも育つ。
  ※田んぼにカモのカップルがいた理由がここでわかった☆

5.野生のホタルが神代農場にはいる。

最後に水神様にお礼を言って帰りました。

<水神様までの道のり>
<難関1→>   <難関2→>   <水神様遠め→><水神様>
080623_1306~01 080623_1306~02 080623_1306~03 080623_1307~01

ホームページリニューアル中! http://satoyama-hammock.com
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
  


[ 2008/06/25 ] | 里山活動 | CM(0) | TB(0)

地球探検隊 魂

6/22(日)仙川のKICK BACK CAFEに行きました。

禁煙席のみ、ドリンクはノンアルコール、支払いは先払い
毎週日曜夜には、ノンチャージで色々なミュージシャンの演奏を聴きながら
美味くてお洒落な食事が出来る素敵なカフェです。

今回、地球探検隊の仲間達と、楽しい時間を満喫してしまいました~
ミュージックで程よく盛り上がった頃、本日のデザートをかけたジャンケン大会が始まりました!

デザートは2つ、参加者は40人くらい・・・探検隊は6人
1人が決勝に残りました。そしてお決まりの敗者復活戦があり
ここで1人だけ決勝に追加されます。

なんと!その敗者復活戦に探検隊のメンバーが勝ち、決勝進出!
決勝に進出したのは、6人。うち2人が探検隊・・・3分の1の確率。
これかもしかして1つくらいはデザートゲット出来るかもと期待しました。

ところが、なんと2人とも勝ってしまった。

ありえない!同じテーブルに2つもデザートが追加される。
店に入ってすぐに取りおきしてもらったデザート5個が出され
合計7個デザートがテーブルの上に!!!地球探検隊魂、恐るべし。

この仲間達と一緒に行動すると、自然と運が良くなる気がする
偶然が必然のような気がしてならない。これからも楽しみ楽しみ☆☆

080622_2014~01
ホームページリニューアル中! http://satoyama-hammock.com
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
  


[ 2008/06/24 ] | プライベート日記 | CM(2) | TB(0)

キャンドルナイト ラーメン 自宅にて

昨日6月21日はキャンドルナイトでした。
タイトル通り、自宅にて、ラーメンを食べました。

080621_1853~01

麺を食べようと箸で持ち上げると
ロウソクの明かりがいい具合に当たって
いつも以上に美味しそうに見えました。

しかし、あまり美味しくなかった・・・
暗いと、食べ物がはっきり見えないから、視覚で味わえていない
人間は脳みそで食べていると誰かが言ってたけど、本当なんだな~

目で見て食べる。こんな当たり前のことで美味しいと感じられる。
当たり前のように今までしたことって、意味があると改めて思った。
日ごろの行動に少し注目してみよう!

みんなはどんなキャンドルナイトを過ごしたのかな~???



ホームページリニューアル中! http://satoyama-hammock.com
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
  


[ 2008/06/22 ] | プライベート日記 | CM(0) | TB(0)

カニ山の会 参加

6月14日(土)に「カニ山の会」に参加しました。
下刈り(したがり)というのをさせていただきました。
下刈りとは、苗木の成長を雑草に邪魔されないために定期的に刈る作業のことです。

むかーしむかしの人々は、カニ山に、落ち葉や、枝、木などを
取りにきていたことから、植物のバランスが保たれていた。
それが今ではなくなり、山には木ばかりが成長したため、光が差さなくなった。

そのため、花がなくなり、虫もどんどん減っていき、暗い山となってしまった・・・
明るい山にしよう!とカニ山の会の人達は活動しています。

普段何気なく遊んでいる山の環境を維持しようと、頑張っている方々と一緒に活動できて
ほんとに良かった!また、カニ山の新たな一面が伺えました。

これからも人と自然が共生するカニ山になっていってほしいです。

<①:傾いてる木><②:柵に入ちゃだめ><③:②のアップ>
080614_1220~01 080614_1219~01 080614_1221~01


<たった6人でこんないっぱい草を刈る(高さ約150cm)>
080614_1144~01

<きのこ発見!>
080614_1137~01


ホームページリニューアル中! http://satoyama-hammock.com
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
  


[ 2008/06/16 ] | 里山活動 | CM(0) | TB(0)

カモのデートは、夜の田んぼ!?

先週末(6/8(日))、野川で遊ぶまちづくりの会の田んぼの学校に入会しました。

先々週は体験で、くろつけをさせていただきました。
今週は田植えをしました。
 
<植える前>    <植える苗>     <植えた後>
PA0_0043.jpg かにやま6 かにやま7


田んぼに水が溜まると

生き物が集まってきて苗を食べたり・・・
モグラに穴を掘られて水がなくなったり・・・
水をせき止めるための板を、子供がいたずらで倒して水がなくなったり・・・
カエルがおたまじゃくしを作ったり・・・

苗を外部から守るため、定期的なパトロールが必要です。
家が近いこともあり、その役目をしてほしいと頼まれました☆

さっそく今日の夜、郵便局に用事があるついでに通りかかってみると・・・!!!
な!予想外のことが。。。かも、カモ、鴨が2匹仲良さげに、くっついている
1匹は、頭をず~と水面につけて、なかなか起き上がらない。

苗を食べてるように見える
<夜>
無題

<昼間>
かもカップル

軽くコラ~って怒ったら、ピタっと動きが止まった。
ちょっとかわいそうになったので、移動したら、二人して「ガァガァー」鳴き出した。

郵便局の用事済み、戻ってくると、ガァガァの音の数が以上に増えていた。
え!まさか!カモが大量に仲間を呼んだのか・・・慌てて近くによってみると
カモは2匹のまま。どうやら、カエルのようだ。ほっと安心。。。

カモとカエルの鳴き声の質って近いかも
カエルの場合、音程が一緒なので、騒音に聞こえてしまうのは僕だけだろうか・・・

それにしても何で急にカエルが大量に鳴きだしたんだろう、、、
まさか、カモが仲良く田んぼデートの邪魔をされないように、カエルにお願いしたのか?

ほんの15分の夜の散歩が、新たな発見をした小旅行に変わった。
お陰で軽い興奮状態が続き、寝つけない。遠足の前日みたい・・・
こんな気分は、自然が豊かだからこそ味わえる

近所には宝物がいっぱい埋まっている
もっと、もっと掘っていけば、きっと面白い出来事が起こってくれる
ホームページリニューアル中! http://satoyama-hammock.com
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
  


[ 2008/06/10 ] | 里山活動 | CM(0) | TB(0)

ホタル鑑賞 東京 調布市

今年もホタルが綺麗な季節がやってきました~☆

毎年この時期になると、東京都調布市の野草園では
飼っているホタル約2000匹が交尾をするために光輝きます!
携帯の画面が明るくてホタルに悪いため、写真は撮っていません。

市の緑と公園課が主催の素晴らしいイベントです。
これからも、色々と市民を喜ばせてくれるイベントを期待しています^^

会場/調布市野草園
     調布市深大寺南町1-25 (電話 042-498-1464)

日時/2008年6月7日(土)~6月9日(月)の3日間
     午後7時30分~午後9時 ※ 雨天中止 (当日午後5時判断)

見ごろ/午後7時30分くらいから徐々に飛び始め、8時台がピークとなり9時を過ぎると減ってくる

入場/無料

交通/京王線調布駅北口からバスで深大寺行き,
     または吉祥寺行き乗車(八雲台経由) 「佐須」下車徒歩10分。
     同じく調布駅北口から調布市ミニバス北路線
     柴崎折返場行き乗車「柏野小学校」下車徒歩5分。
ホームページリニューアル中! http://satoyama-hammock.com
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
  


[ 2008/06/09 ] | 里山活動 | CM(0) | TB(0)

蛍(ホタル)の幼虫のえさ

田んぼの「くろつけ」という土手作りを「田んぼの学校」に参加させていただきました。

くろつけとは、田んぼに水をひく前に、土と水を混ぜて、土の粒子を細かくして
粘土状態にします。そして、土手にベタベタと塗る作業のことです。
これをしないと、水をひいた時に、隣の畑に壁が粗いため、水が漏れてしまうんですね。

楽しく話しながら作業をしているとき話題に上がったのが
6月のカニ山のイベント 「ホタル鑑賞」 ちょうど今、田んぼの横の水路に
ホタルの幼虫のえさの「カワニラ」という貝がおるよ!と言われ

「ホタルの幼虫って貝食べるの!?」とビックリしてついつい写真を撮ってしまいました。
カニ山の野草園では、カワニラを飼ってホタルにエサとして与えているらしいです。

今年2008年のホタル鑑賞が楽しみです。
だいたい毎年10日前後の3日間です。
情報が入り次第、アップしま~す。お楽しみに~☆☆☆

<カワニラ(ホタルの幼虫のえさ)>
080601_1109~01

ホームページリニューアル中! http://satoyama-hammock.com
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
  


[ 2008/06/02 ] | 里山活動 | CM(0) | TB(0)

かに山 由来(なぜ、かに山って言うの?)

近所の大自然である「かに山」を大切にするために
色々とこれから調査をしていきたいと思っています。

まずは、素朴な疑問から・・・なんで「かに山」って言うの?

これについて、中央図書館の5階の受付のリファレンス(本の調査者)に伺いました。
色々な資料を、手当たり次第どんどん集めて、探してくれました。
出てきたのが「調布の動物ばなし」という本。この中に記載されていました。

<名前がつけられるまでの流れ>

1.昔は柴崎山と言われていた
柴崎2丁目から画面左のかに山までず~っと山が続いていたみたいです。)

2.終戦後、絵堂(山口県)の者が、かに山の「ひきづり坂」からは、砂利が取れる
  多摩川へ取りにいくより、楽だなってことで山の途中に穴を掘って、砂利を道に敷いた。

3.穴を掘ったら、湧き水が出て小川が出来た。そこに杉を植えた。
  すると、砂利の下に、蟹が現われるようになった。

4.よそから来た子供達が、蟹が取れるっていうんで遊びにくる
  子供たちが「かにやま」「かにやま」「かにやま」って言うようになって
  いつしか大人も「蟹山」って言うようになった。

今回調査した結果は、これくらいです。
疑問まだまだあります。

・なんで山口の人が砂利を取っていたの?
→砂利を売って幕府への運上金にしていたみたい。
  で、その砂利を使って、コンクリートの道を作ったってわけ。
資料:多摩川たまがわの砂利採取→http://www.city.inagi.tokyo.jp/shoukai/rekishi/bunkazai/05_bun_04.htm
ホームページリニューアル中! http://satoyama-hammock.com
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
  


[ 2008/06/01 ] | 里山活動 | CM(0) | TB(0)

 

tel 080-5007-0412 michiyama412@gmail.com
里山ハンモックみちやま

 

 


---- お問合せフォーム ----

Name:
Mail:
Title:
Text:




協力:ハンモックヨガ

★★★ リンク歓迎 ★★★
※詳細はバナーをクリック satoyama banner_120×60 ≪ Link (過去に関わりのある方々) ≫





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。